sikkens

  • トップ
  • シッケンズの木材保護塗料
  • 施工事例

注意事項

  • 屋外用
  • 屋内用

03-5563-8267 資料・サンプル請求

セトールデッキに滑り止め機能が
追加されたウッドデッキ用塗料です。

セトールデッキプラス

高い保護効果に水濡れによる
スリップ防止機能を追加

セトールデッキプラス

Cetol Deck Puls

セトールデッキプラス

特長

セトールデッキにシリカを配合し水濡れによる塗膜表面のスリップを抑制します。表面に少しざらつき感があります。デッキ面をはじめ屋外のスロープや階段などにお薦めです。公園施設の遊歩道にも利用されています。ヨット(ボート)のデッキ部分にも使用可能です。セトールデッキ同様に高い耐候性を発揮します。
(下記スペックの欄から滑り抵抗性試験結果をご覧頂けます。)

カラーバリエーション

078 ナチュラル
078 ナチュラル

スペック

用途 屋外木部:デッキ、階段、スロープ、ヨット木部(デッキ)など
特長 ・滑り止め効果を発揮(滑り抵抗性試験結果)
・耐摩耗性に優れる
・木目を鮮明に映す高級仕上げ
・優れた耐候性・紫外線抵抗性
その他 下塗りにはセトールHLSeを使用してください。
塗装用具 刷毛 用具の洗浄 塗料用シンナー
乾燥時間(塗装間隔) 24時間以上 比重 0.92
塗装回数 2~3回 標準塗布面積 約15㎡/ℓ/1回塗り
色数 1色(ナチュラル) 缶容量 1ℓ、5ℓ
注意事項

・優れた耐候性と防滑効果を発揮させるため合計3回塗りをお薦めします。

・色調や仕上がり感は樹種、塗装回数などにより異なります。

※その他詳細は屋外用注意事項、塗装仕様のPDFをご確認ください。

※再塗装に関しましてはメンテナンスのPDFをご参照ください。

【セトールデッキプラスの安全データシート(SDS)】

【屋外用製品の仕上がり見本】

セトールデッキプラスのFAQ

Q1
滑り止め効果はどのくらい?
A1
上記スペックの欄から「滑り抵抗性試験」の結果をご覧頂けます。抵抗係数をC.S.R値と言いますが、「東京都福祉のまちづくり条例」では屋外で履物で動作する床面は0.4以上が推奨となっています。セトールデッキプラスは湿潤状態でも0.76です。樹種・塗装回数のほか傾斜角等でも異なりますが、防滑なしのセトールデッキは湿潤状態で0.63という結果であったので、より安全性は高いと言えます。使用される環境条件により異なりますが、防滑機能を維持するため、1~2年程度を目安に再塗装をお薦めします。
Q2
屋外のデッキや階段以外にも使用できる?
A2
セトールデッキプラスは砂状のシリカを配合し、塗膜にざらつき感がありますので、手すりなどにはあまりお薦めできません。またセトールデッキと同様に硬めの塗膜ですので、外壁面などの塗装にはあまり向いていません。屋外用製品ですので屋内には使用できません。
Q3
下塗りのHLSeは必ず必要ですか?
A3
新規塗装の場合、セトールデッキプラスの付着性を良くするためセトールHLSeの下塗りをお薦めしております。セトールHLSeには防腐防カビ剤が配合されていますので下塗り用として効果的です。再塗装の場合はセトールデッキプラスを上塗りするだけの工程が可能です。

ポイント

● 刷毛・塗装方法

塗料をよく攪拌し、刷毛で木目に沿って薄く伸ばすように塗装してください。原則は無希釈ですが、やむを得ず希釈する場合は、塗料用シンナーまたはペイント薄め液(5%以内)で希釈してください。腰のある刷毛をお薦めします。

● デッキ面の掃除

水拭き、または塗膜の上からの水洗いも可能です。必要に応じて軽くブラッシングしながら洗浄をしてください。高圧洗浄機を使用する場合は塗膜(活膜)がはがされないよう圧力に注意してください。